APRA(読み)アプラ

百科事典マイペディアの解説

APRA【アプラ】

アメリカ人民革命同盟Alianza Popular Revolucionaria Americanaの。1924年,メキシコ市で亡命中のアヤ・デ・ラ・トーレによって結成されたラテン・アメリカを包括する民族主義運動組織。反米・反帝国主義,土地と産業の国有化,被抑圧階級・民族との連帯などを綱領として掲げた。1930年以降,ペルー・APRA党として闘争の場をペルーに移したが,ベネズエの民主行動党(AD)はじめ,ラテン・アメリカの民族主義運動に大きな影響を与えた。1931年大統領選では敗れたが,それ以降中産階級を核としてペルーで最大の組織力をもつ急進的大衆政党となる。しかし軍と対立して長く非合法の道を歩んだ。第2次大戦後は反米の立場を弱め,その後指導層の保守化とあいまって,1956年支配階級との同盟による政権参加の道を選択。1970年代にはAPRAの改革綱領のほとんどが軍事革命政権によって実現された(ペルー革命)。1978年の立憲議会で第一党。党首アヤの死後党内に分裂が起こるが,1985年の大統領選で社会民主主義路線を明確にしたアラン・ガルシアが勝利し,結党以来初めて政権を獲得。
→関連項目トゥパック・アマルー革命運動ベラウンデ・テリーペルーマリアテギ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アプラ【APRA】

アメリカ人民革命同盟Alianza Popular Revolucionaria Americanaの略。1924年12月,亡命中のペルー人,アヤ・デ・ラ・トーレによってメキシコ市で結成されたラテン・アメリカを包括する民族主義運動組織。帝国主義とその同盟下にある少数寡頭支配に反対する〈肉体労働者と知識人の統一戦線〉として設立され,(1)反ヤンキー帝国主義,(2)ラテン・アメリカの政治統一,(3)土地と産業の国有化,(4)パナマ運河の国際化,(5)全世界の被抑圧民族および階級との連帯,をその五大綱領programa máximoとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のAPRAの言及

【ペルー】より

…1933年憲法下で任期を全うした文民大統領はプラドManuel Prado(在任1939‐45)ただ一人であった。ペルー政治が不安定な理由は,国民統合の遅れ,強大な軍の力,一次産品輸出経済への依存のほかに,伝統的な寡頭勢力が強くアプラ党(アメリカ革命人民同盟)など急進的改革勢力との鋭い対立が展開されたことによる。 ペルー革命を引き継いだモラーレスFrancisco Morales Berumudez軍事政権(1975‐80)は,民政移管にあたり1978年憲法制定議会を招集,翌79年には新憲法を制定した。…

【ラテン・アメリカ】より

…その結果,中間層,労働者,農民の諸組織を中心に,事実上工業企業家の団体も加えた強力なポプリスモ同盟が1930年代後半に成立し今日に至っている。他方,ペルーのポプリスモ政党であるアプラは32年の武装蜂起によって軍部を敵に回してから政権に就くことができず,逆にこの軍部が68年に政権を奪い,文民のポプリスモ政権と同様の政策を推進した。キューバでも1944年から52年にかけて革命党と呼ばれるポプリスモ政党が政権を担当したが,バティスタのクーデタのために短命に終わった。…

※「APRA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android