コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

B型肝炎ワクチン ビーがたかんえんワクチンhepatitis B vaccine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

B型肝炎ワクチン
ビーがたかんえんワクチン
hepatitis B vaccine

B型肝炎ウイルス (HBV) に対するワクチン。 HBs (hepatitis B surface antigen) 抗原を持つ,HBVキャリアのヒト血漿 (けっしょう) を原料として作られる。血漿中の HBs抗原を精製し,不活性化処理した後にワクチンとして利用される。ヒト血漿由来のワクチンは,材料がヒト血漿であるため,量の確保が困難である,不活性化が完全であるとの保証がないため安全性に問題が残る,などの欠点がある。そこで,遺伝子工学の手法を用いたワクチンの開発が行なわれた。この方法で得られるワクチンは大量生産が可能であるが,獲得抗体価は,ヒト血漿由来のものより低い。現在両方の種類のワクチンが市販されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

B型肝炎ワクチンの関連キーワードB型肝炎新ワクチンパスツール研究所ブラムバーグバイオ医薬品織田敏次肝癌

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

B型肝炎ワクチンの関連情報