B型肝炎ワクチン(読み)ビーがたかんえんワクチン(英語表記)hepatitis B vaccine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

B型肝炎ワクチン
ビーがたかんえんワクチン
hepatitis B vaccine

B型肝炎ウイルス (HBV) に対するワクチン。 HBs (hepatitis B surface antigen) 抗原を持つ,HBVキャリアのヒト血漿 (けっしょう) を原料として作られる。血漿中の HBs抗原を精製し,不活性化処理した後にワクチンとして利用される。ヒト血漿由来のワクチンは,材料がヒト血漿であるため,量の確保が困難である,不活性化が完全であるとの保証がないため安全性に問題が残る,などの欠点がある。そこで,遺伝子工学の手法を用いたワクチンの開発が行なわれた。この方法で得られるワクチンは大量生産が可能であるが,獲得抗体価は,ヒト血漿由来のものより低い。現在両方の種類のワクチンが市販されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

B型肝炎ワクチンの関連情報