コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

B型肝炎新ワクチン ビーがたかんえんしんワクチン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

B型肝炎新ワクチン
ビーがたかんえんしんワクチン

従来,B型肝炎ワクチンHBs抗原陽性のヒト血漿を加熱処理後表面抗原を分離し,ホルマリンで不活化し製品としていたが,供給量,安全性などの面で問題を残していた。新型のワクチンは,遺伝子組換え技術によって表面抗原産生遺伝子を酵母に組込み,HBs抗原を生成させ,これを抽出して用いられる。原料として感染者の血液を用いなくてもよいことから,安全性,大量生産性ともに従来のものよりすぐれているといえる。日本国内での生産も行われ,安定した供給が得られるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

B型肝炎新ワクチンの関連キーワードHB抗原肝炎オーストラリア抗原肝炎ウイルス慢性肝炎肝癌血液製剤B型肝炎鎌状赤血球貧血B型肝炎ワクチン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android