コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CODASYL こだしる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CODASYL

データシステムズ言語協会。1959年、米政府が標準で使用する言語仕様の策定を目的に設立された。事務処理系の言語であるCOBOLは、この団体が策定した。現在でもCODASYLがCOBOLの仕様を追加したり保守したりしている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コダシル【CODASYL】[Conference on Data Systems Languages]

Conference on Data Systems Languages》1959年に米国国防総省の主催で、コンピューターの利用者や製造業者などの代表が集まって作った協議会。翌年、プログラミング言語COBOL(コボル)を発表。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

CODASYLの関連キーワードコンピュータ史(年表)コボル

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android