コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

D-VHS でぃーぶいえっちえす

大辞林 第三版の解説

D-VHS

〖digital VHS〗
VTR の規格。VHS 方式との互換性をもち、デジタル信号を記録できる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

D-VHS
でぃーぶいえいちえす
Digital-Video Home System

デジタル信号を記録する家庭用ビデオ記録・再生方式。既存のアナログVHS方式との互換性を維持しながら、デジタル放送をデジタル信号のまま記録する。デジタル信号であるため記録された情報の劣化はない。利用するカセットは従来のVHSのそれと同じサイズで、最大でDVDの10倍の44.4ギガバイトの記録容量がある。このため、テープ1本に高精細度テレビジョン(ハイビジョン)放送対応の高画質モードでは3.5時間、標準モードでは7時間、監視カメラなど画質の要求されない低速モードでは最大49時間の記録が可能である。また、D-VHSデッキは信号処理部分を除いてアナログ方式のそれとほとんど同じ構造で、アナログ方式で記録・再生する機能もあわせもっている。衛星や地上波によるデジタル放送の直接録画のほか、パソコンなどに接続できるインターフェースも用意されている。[岩田倫典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

D-VHSの関連キーワードビデオテープレコーダーカセットテープ私的録画補償金デジタル信号S磁気記録

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android