DCMU(読み)ディーシーエムユー

世界大百科事典 第2版の解説

ディーシーエムユー【DCMU】

尿素系除草剤の一つ。3‐(3,4‐dichlorophenyl)‐1,1‐dimethylureaので,典型的な光合成阻害型除草剤である。殺草作用の発現はゆるやかで,普通土壌処理剤として用いられる。日本では,禾穀(かこく)類,マメ類イモ類クワなどの,茶園,果樹園などの一年生雑草の除草に用いられる。DCMUと同系列の除草剤として,リニュロン(商品名アファロン,ロロックス),シデュロン(商品名デュパサン),ダイムロン(商品名ショウロン)などが使用されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

DCMU
ディーシーエムユー

3-(3,4-dichlorophenyl)-1,1-dimethylureaの農薬としての一般名.[同義異語]ジウロン

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のDCMUの言及

【除草剤】より

…すなわち,イネ科雑草には殺草力を示し,イネには効果を示さないことから,日本ではベンチオカーブ,モリネートなど水田除草剤として大量に用いられている。尿素系除草剤には,DCMU,リニュロンなどの除草剤がふくまれ,典型的な光合成阻害型除草剤として知られる。DCMUは日本では禾穀類,野菜畑,果樹園の雑草防除に,外国では果樹園,野菜畑,ワタ畑などの雑草防除に使われる。…

※「DCMU」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android