コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DNA型鑑定 ディーエヌエーガタカンテイ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

DNA型鑑定

国内では1989年に実用化され、捜査や裁判で使われるようになった。当初は約200人に1人の確率で似た分析結果が出る精度だったが、2003年に新鑑定法が導入され、同じ型が出る確率は約1100万人に1人と飛躍的に向上。06年には精度は約4兆7千億人に1人まで上がった。90年の足利事件では当時の鑑定で「犯人と元被告の型が一致」とされたが、精度が上がった鑑定で犯人と元被告の型が異なると判明し、再審無罪につながった。東京電力女性社員殺害事件でも再審無罪の決め手になった。

(2013-09-04 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

DNA型鑑定の関連情報