コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DTS でぃーてぃーえす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DTS

米Digital Theater Systems社が開発した、劇場および家庭用のデジタルサラウンドシステム。チャンネル数は5.1ch。非可逆圧縮を利用することによる音質の低下を抑えるため、圧縮率を低くしている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

dts

デジタル音声圧縮と再生の仕組みのひとつで、開発した米デジタル・シアター・システムズ社の頭文字を取ったものです。映画やDVDビデオなどで採用されています。主にサラウンドで利用されます。音質や音声チャンネル数によって、複数の規格に分かれています。
⇨音声圧縮、サラウンド、ドルビーデジタル

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

ディー‐ティー‐エス【DTS】[digital theater system]

digital theater system》米国デジタルシアターシステムズ社が開発した、音声データのデジタル圧縮・再生方式。映画館の音響システム、DVD、ブルーレイディスク、および一部のゲームソフトの音声データの記録に用いられる。5.1チャンネルサラウンドシステムに対応する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

DTS

正式社名「株式会社DTS」。英文社名「DTS CORPORATION」。情報・通信業。昭和47年(1972)「株式会社データ通信システム」設立。平成15年(2003)現在の社名に変更。本社は東京都港区新橋。独立系システムインテグレーター。銀行・証券など金融向けシステム開発に実績。NTTなど通信向けの比率も高い。東京証券取引所第1部上場。証券コード9682。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

DTSの関連キーワードマルチチャンネルオーディオロジオン ナハペトフリングボームプロットロスレスオーディオDVDオストロフスキー苦悩のなかを行く5.1チャンネルHDオーディオフールマノフアンネンコフガーベレンツマルシャークDTS映画フィルムシュレンクイェールケシュミットドンスコイナギービン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

DTSの関連情報