DVD+RW(読み)でぃーぶいでぃーぷらすあーるだぶりゅー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

DVD+RW

米Hewlett-Packard社、ソニーオランダのPhilips社などが提唱した、データの記録が可能なDVD。ディスク片面に最大4.7GB、両面で最大9.4GBのデータを記録できる。ディスクの書き換え可能回数は約1000回。DVDフォーラムでの正式なDVDの規格になっていないため、単に「+RW」と呼ぶこともある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ディーブイディープラスアールダブリュー【DVD+RW】

DVD+RWアライアンスが策定した、繰り返し書き込みが可能なDVD規格。DVDフォーラムが標準化したDVD-RWとは規格が異なる。国内ではDVD-RWが広く利用されているが、海外ではDVD+RWのほうがシェアが高い。書き換え耐用回数は1000回以上とされる。記憶容量は直径12cmの場合、片面1層で4.7GB。◇正式名称は「plus RW」。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android