コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

E.S.の画家 イーエスのがか Meister E.S.

1件 の用語解説(E.S.の画家の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イーエスのがか【E.S.の画家 Meister E.S.】

ドイツの版画家。1450‐67年ころオーバーライン地方で活躍。本名,生没年,出身地,経歴は不明。318点の作品が確認されているが,うち28点に〈E.S.〉のモノグラムによる署名があり,呼称はそれに由来する。ドイツにおいて版画作品にモノグラムを用いたのは,彼が最初である。組織的なハッチングやクロスハッチングを駆使した陰影や肉付けの技巧によって,金工の技術から派生した銅版画に絵画的な立体感と奥行きを獲得し,後続のションガウアーデューラーによる銅版画芸術の高揚に道をひらいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

E.S.の画家の関連キーワードアルトドルファーションガウアーデューラー西ドイツ統一ドイツドイツの小さな町小野忠重旭正秀平川清蔵深沢史朗

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone