E.S.の画家(読み)イーエスのがか(英語表記)Meister E.S.

世界大百科事典 第2版の解説

イーエスのがか【E.S.の画家 Meister E.S.】

ドイツの版画家。1450‐67年ころオーバーライン地方で活躍。本名,生没年,出身地,経歴は不明。318点の作品が確認されているが,うち28点に〈E.S.〉のモノグラムによる署名があり,呼称はそれに由来する。ドイツにおいて版画作品にモノグラムを用いたのは,彼が最初である。組織的なハッチングやクロスハッチングを駆使した陰影や肉付けの技巧によって,金工の技術から派生した銅版画に絵画的な立体感と奥行きを獲得し,後続のションガウアーデューラーによる銅版画芸術の高揚に道をひらいた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android