コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EPS形式 いーぴーえすけいしき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

EPS形式

PostScriptのデータをソフトウェア間で交換するためのファイル形式。EPSには、テキストデータや画像データなど、ページ上のすべての要素が内包されている。EPSで保存されたデータは、他のソフトウェアで画像と同じ感覚でそのまま貼り付けられるため、DTPの分野で広く利用されている。ファイルには「.EPS」という拡張子が付く。なお、EPS Fileの略としてEPSFと呼ばれることもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

EPS形式の関連キーワードPostScript画像フォーマット画像ファイルDCS

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android