EVA

人材マネジメント用語集「EVA」の解説

EVA

・EVA(Economic value added)経済付加価値
・EVA = NOPAT(支払利息控除前税引後利益)? 資本コスト=NOPAT ?(投下資本×WACC)
・EVAは、米コンサルティング会社のスターン・スチュワート社が商標登録している株主に対する収益還元性を示す指標である。
・EVAは、投資した資本に対してどれだけリターンを生み出したかを把握する指標である。EVAがプラスの場合、株主が要求する収益率を生み出していることを意味する。
・人事関連において、EVAは、賞与原資を算出する際の業績指標として活用されることがある。この業績指標を活用するメリットは、資本コストを差し引いた額を原資とするため、株主に対する収益還元に重点を置いた活動を促すこと。一方デメリットは、資本コストは資本政策等経営陣よる意思決定に左右されるため、社員の納得感が低くなることである。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

M&A用語集「EVA」の解説

EVA

Economic Value Addedの略称。アメリカのコンサルティング会社スターン・スチュワート社が開発した企業評価のための指標であり、経済的付加価値と訳される。具体的には、税引後営業利益(NOPAT)から株主に対する株主資本コストを含んだ資本コストを差し引いた余剰利益を表す。EVA = NOPAT − 投下資本 × WACCNOPAT:税引後営業利益投下資本:有利子負債+株主資本WACC:加重資本コストこの指標がプラスとなる場合は、株主の期待する以上の価値を創造したことを意味する。マイナスとなった場合は、期待通りの利益が獲得されず、株主価値を破壊していることを意味する。

出典 M&A OnlineM&A用語集について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「EVA」の解説

EVA

経済的付加価値。企業の利益が株主や投資家から投資された資本に対して、一定期間でどれだけのリターンを生み出したかという、その企業が作り出した経済価値を把握する指標のひとつ。税引き前営業利益から税金配当金金利などの全資本コストを差し引いた残余利益で、企業が資本を使って生み出した価値を収益率で算出する。キャッシュフローを重視した経営分析の目安で、株価との相関性が高く、投資の際の指標とされることも多い。EVAの数値が高ければ高いほど株主の利益に寄与していると言える。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「EVA」の解説

イー‐ブイ‐エー【EVA】[economic value added]

economic value added》経済付加価値。キャッシュフローベースの企業評価手法。

イー‐ブイ‐エー【EVA】[earned value analysis]

earned value analysis》⇒イー‐ブイ‐エム(EVM)

イー‐ブイ‐エー【EVA】[extravehicular activity]

extravehicular activity》⇒船外活動

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のEVAの言及

【宇宙遊泳】より

…宇宙飛行士が宇宙服を着て,宇宙船外の宇宙空間で活動を行うこと。無重量状態で宇宙服を着て行動するようすが,ウェットスーツを着用して水中遊泳をする状態と似ていることからこの名がつけられたが,正しくは宇宙船外活動(EVA,extra vehicular activityの略)と呼ぶべきである。1965年3月,ソ連(現ロシア)のボスホード2号の宇宙飛行士A.A.レオノフが10分間の活動を行ったのが最初である。…

※「EVA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android