F. フォン・ヴェルスバッハ(英語表記)Freiherr Von Welsbach

20世紀西洋人名事典の解説

F. フォン・ヴェルスバッハ
Freiherr Von Welsbach


1858.9.1 - 1929
オーストリアの化学者,技術者。
ウィーン生まれ。
本名カール・アウエル〈Carl Auer〉。
帝国印刷機会社の重役の息子として生まれ、カール・アウエルの名を持つ。ハイデルベルク大学に進み、ドイツの化学者ロバート・ブンゼンに学び、分光学や照明に関心を持つ。2種の希土類元素を発見、白熱ガスマントルを発明し1885年「ヴェルスバッハ・マントル」として特許を得る。現在マントルは石油ランプや携帯用「瓶詰め」ガスランプに用いられる。また「ミッチュメタル」と呼ぶ発火合金を発見、ライタの石として使われ、ランプを点火するのに用いられる。オーストリアの皇帝からフォン・ヴェルスバッハの称号を授与。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android