F. レハール(英語表記)Franz Lehár

20世紀西洋人名事典の解説


1870.4.30 - 1948.10.24
オーストリアの作曲家,指揮者。
コマーロム(ハンガリー)生まれ。
プラハ劇場管弦楽団バイオリン奏者を経て、1902年ウィーンの劇場指揮者となる。’05年「メリー・ウィドー」で大成功を修め、世界的名声を博した。以後、オペレッタ作曲家としての地位を確立する。その他の作品には「金と」(’02年)、「ジプシーの恋」(’10年)、「最後の一人」(’14年)、「ロシア皇太子」(’27年)、「ほほえみの国」(’29年)などがある。作品はヒトラーに優遇され、そのため晩年は不遇であった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android