FOMA(読み)フォーマ

パソコンで困ったときに開く本「FOMA」の解説

FOMA

NTTドコモ3G通信回線を利用したデータ通信サービスの名称です。現在は、下り最大14Mbps、上り最大5・7Mbpsでの通信に対応した「FOMAハイスピード」が提供されています。携帯電話向けの情報サービス「iモード」などは、FOMA上で提供されてきました。また、LTEを利用した、より高速な通信サービス「Xi」も始まっています。
⇨3G、LTE、Xi

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「FOMA」の解説

FOMA

IMT-2000によるNTTドコモの携帯電話サービス。384kbpsという従来の携帯電話の約4倍の通信速度を生かした高品質な音声通話と高速データ通信が特徴。2006年8月からHSDPA方式の通信に対応したFOMAハイスピードエリア。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android