コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

G-ストロファンチン ジーストロファンチン G-strophanthin

1件 の用語解説(G-ストロファンチンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

G-ストロファンチン
ジーストロファンチン
G-strophanthin

ウアバインともいう。強心剤の一つ。収縮力増大,刺激伝達抑制,脈拍減少など,ジギタリスに似た心臓作用を有する。腸内で破壊されやすいことと水溶性であることから,内服でなく静脈注射が用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のG-ストロファンチンの言及

【ストロファンチン】より

…キョウチクトウ科の植物ストロファンツスの種子から得られる強心配糖体。Strophanthus gratusから得られるG‐ストロファンチン,S.hispidusのH‐ストロファンチン,S.kombeのK‐ストロファンチンなどがある。いずれも心筋収縮力を増大させる作用(強心作用)を示す。…

※「G-ストロファンチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

G-ストロファンチンの関連キーワード強心剤蟾酥アイスバインストロファンチンエアバイザー紀北戦隊アババインウアバイン低温収縮レンテインスリン強心薬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone