コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

G-ストロファンチン(読み)ジーストロファンチン(英語表記)G-strophanthin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

G-ストロファンチン
ジーストロファンチン
G-strophanthin

ウアバインともいう。強心剤の一つ。収縮力増大,刺激伝達抑制,脈拍減少など,ジギタリスに似た心臓作用を有する。腸内で破壊されやすいことと水溶性であることから,内服でなく静脈注射が用いられる。作用持続は短いが,速効性で,排泄が速く,蓄積作用がない。また,利尿効果を現すので浮腫の治療に用いられる。急速に静脈注射すると心室細動を起すことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のG-ストロファンチンの言及

【ストロファンチン】より

…キョウチクトウ科の植物ストロファンツスの種子から得られる強心配糖体。Strophanthus gratusから得られるG‐ストロファンチン,S.hispidusのH‐ストロファンチン,S.kombeのK‐ストロファンチンなどがある。いずれも心筋収縮力を増大させる作用(強心作用)を示す。…

※「G-ストロファンチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android