コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

G-ストロファンチン ジーストロファンチンG-strophanthin

1件 の用語解説(G-ストロファンチンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

G-ストロファンチン
ジーストロファンチン
G-strophanthin

ウアバインともいう。強心剤の一つ。収縮力増大,刺激伝達抑制,脈拍減少など,ジギタリスに似た心臓作用を有する。腸内で破壊されやすいことと水溶性であることから,内服でなく静脈注射が用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のG-ストロファンチンの言及

【ストロファンチン】より

…キョウチクトウ科の植物ストロファンツスの種子から得られる強心配糖体。Strophanthus gratusから得られるG‐ストロファンチン,S.hispidusのH‐ストロファンチン,S.kombeのK‐ストロファンチンなどがある。いずれも心筋収縮力を増大させる作用(強心作用)を示す。…

※「G-ストロファンチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone