コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強心剤 きょうしんざいcardiotonics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強心剤
きょうしんざい
cardiotonics

心臓化のほか,血管,血圧を調整するものも含めて,心臓の機能不全を回復させる薬の総称。普通は,(1) おもに中枢神経および心臓に作用するカンフルカフェイン,コラミン類,(2) おもに冠状動脈に働く心臓ホルモン,(3) 心臓の働きをよくし,末梢血管を拡張するイソプロテレノールアドレナリン下垂体後葉ホルモン,(4) 心筋迷走神経に特殊な働きを示すジギタリス類,に分けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうしんざい【強心剤】

心臓機能の衰弱を回復させるために用いる薬剤。ジギタリス・ニケタミド・カンフルなど。強心薬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

強心剤の関連キーワードフクジュソウ(福寿草)G腐食性アルカリ中毒スズラン(鈴蘭)クリスマスローズビタカンファークスノキ(樟)パラチオン中毒高血圧性心臓病新生児メレナヨウ化エチルカンフル注射テオフィリン朝比奈 泰彦副腎クリーゼフルクトースベンゼン中毒アニリン中毒ヒキガエル田村 憲造

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強心剤の関連情報