H. ウェルツェル(英語表記)Hans Welzel

20世紀西洋人名事典の解説


1904.3.25 - 1977.5.5
ドイツ刑法学者。
ゲッティンゲン大学教授,ボン大学教授,ボン大学学長。
アルテルン生まれ。
1940年ゲッティンゲン大学教授に就任し、以後’52年ボン大学教授、’62年ボン大学学長となる。行為を目的活動とし、行為概念の中核に目的性をおく行為論である「目的的行為論」を主張し、刑法学会に大きな影響を与えた。故意は主観的違法要素であると解する点にその特徴がある。著書に「刑法における自然主義価値哲学」(’35年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android