コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

価値哲学 カチテツガク

百科事典マイペディアの解説

価値哲学【かちてつがく】

ドイツ語Wertphilosophieの訳。価値とは何か,その認識,事実との関係,体系などを主題とする哲学。新カント学派西南ドイツ学派が代表で,ウィンデルバントは真・善・美・聖の4価値を説いた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かちてつがく【価値哲学 Wertphilosophie[ドイツ]】

価値とはなにか,それはどのようにして認識されるのか,価値と事実との関係,価値の体系や上下関係などについて研究する哲学で,ロッツェによって準備され,新カント学派の一つである西南ドイツ学派のウィンデルバントやリッケルトらによって樹立されたものである。19世紀後半以降第1次世界大戦の時期にかけて,ドイツで栄えた価値哲学は,そのころ顕著であった伝統的な価値観の崩壊現象や自然科学的唯物論,実証主義に対決しようとしていたこともあって,われわれが体験する現実の生と価値とを徹底的に対立させる二元論を根本原理とするものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

価値哲学の関連キーワードH. ウェルツェルH. リッケルトフェアドロス価値論