コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HIV感染症(エイズ)の医療体制 えっちあいぶいかんせんしょうえいずのいりょうたいせい

1件 の用語解説(HIV感染症(エイズ)の医療体制の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

えっちあいぶいかんせんしょうえいずのいりょうたいせい【HIV感染症(エイズ)の医療体制】

 厚労省は、HIV感染症・エイズ(「エイズ/HIV感染症」)の医療に積極的に取り組むエイズ拠点病院を各都道府県に複数確保するための整備を急いできました。
 拠点病院が中心になって、その地域の医療機関と提携して、HIV感染症・エイズの診療を充実させるのが目的です。感染者・患者さんへの医療とカウンセリングを提供し、地域病院からの研修・教育の機能もはたすのが、拠点病院の役割になっています。
 一方、厚労省は、血友病(けつゆうびょう)HIV訴訟和解の恒久対策の一環として、診療の地域格差をなくす目的で、全国を8つのブロックに分け、それぞれにそのブロックでの指導的役割をはたすブロック拠点病院を設置しました。
 また、1997年4月に国立国際医療センターのなかにエイズ治療・研究開発センターを設置し、ブロック拠点病院や拠点病院などに対して、最先端の医療情報を提供したり、医療従事者に対する研修を実施するようになりました。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

HIV感染症(エイズ)の医療体制の関連キーワードエイズエイズウイルス厚労省新興感染症HIV感染とエイズアフリカのHIV感染とエイズ手術前のHIV検査エイズ(後天性免疫不全症候群)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone