コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HIV感染症(エイズ)の医療体制(読み)えっちあいぶいかんせんしょうえいずのいりょうたいせい

家庭医学館の解説

えっちあいぶいかんせんしょうえいずのいりょうたいせい【HIV感染症(エイズ)の医療体制】

 厚労省は、HIV感染症・エイズ(「エイズ/HIV感染症」)の医療に積極的に取り組むエイズ拠点病院を各都道府県に複数確保するための整備を急いできました。
 拠点病院が中心になって、その地域の医療機関と提携して、HIV感染症・エイズの診療を充実させるのが目的です。感染者・患者さんへの医療とカウンセリングを提供し、地域病院からの研修・教育の機能もはたすのが、拠点病院の役割になっています。
 一方、厚労省は、血友病(けつゆうびょう)HIV訴訟和解の恒久対策の一環として、診療の地域格差をなくす目的で、全国を8つのブロックに分け、それぞれにそのブロックでの指導的役割をはたすブロック拠点病院を設置しました。
 また、1997年4月に国立国際医療センターのなかにエイズ治療・研究開発センターを設置し、ブロック拠点病院や拠点病院などに対して、最先端の医療情報を提供したり、医療従事者に対する研修を実施するようになりました。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android