コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HOPE計画(読み)ホープけいかく

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ホープけいかく【HOPE計画】

地域の特性を生かした町づくりや住まいづくりを推進する住宅計画。建設省(現国土交通省)の補助事業として1983(昭和58)年に始まった。地域に根ざした住宅の建設や保存、街路・公園などの施設整備、景観整備など、その具体的な内容は、地域住民の声をもとに各地方公共団体が策定している。◇「HOPE」は「housing with proper environment(地域固有の環境にともなう家づくり)」から。「地域住宅計画」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android