コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HOPE計画 ホープけいかく

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ホープけいかく【HOPE計画】

地域の特性を生かした町づくりや住まいづくりを推進する住宅計画。建設省(現国土交通省)の補助事業として1983(昭和58)年に始まった。地域に根ざした住宅の建設や保存、街路・公園などの施設整備、景観整備など、その具体的な内容は、地域住民の声をもとに各地方公共団体が策定している。◇「HOPE」は「housing with proper environment(地域固有の環境にともなう家づくり)」から。「地域住宅計画」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android