HTTP(読み)エイチ ティー ティー ピー

  • HTTP Hypertext Transfer Protocol
  • hypertext transfer protocol
  • えいちてぃーてぃーぴー
  • エイチティーティーピー
  • エッチティーティーピー
  • ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

HTML文書や画像などのデータをWebサーバーとWebブラウザー間でやり取りするために使われるプロトコル。HTTPでは、データを受信する側(クライアント)が要求をサーバーに伝え、それに対してサーバーが応答する。たとえば、ユーザーがURLを使って接続したいWebサーバーと表示したいWebページを指定すると、Webブラウザーは指定されたサーバーに接続して、Webページを取得するためのコマンド(GETメソッド)を送信する。サーバー上に該当するファイルがあれば、その結果をHTML(HyperText Markup Language)などのファイルとしてWebサーバーからWebブラウザーに転送する。HTTPでは、データを受信するときに使う「GET」のほかに、データを送信する「PUT」「POST」などのメソッドが用意されている。Webブラウザーは、要求時にこうしたメソッドを使ってサーバーに要求を伝える。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

HyperText Transfer Protocol(ハイパーテキスト転送プロトコル)のウェブブラウザーウェブサーバーから情報を取得する際に使用するプロトコルのこと。取得したい情報の所在をURL(一般には「ウェブアドレス」などとも)で指定することによって、該当するサーバーに情報を返送させる。URLの表記が「http://」で始まるのは、情報をHTTPで取得するという宣言である。また、ネット決済などでは、表記が「https://」となることがあるが、これは「https」というプロトコルを使用するという意味ではなく、「暗号化した情報をHTTPで送受信する」という意味である。末尾の「S」は「Secure」で、暗号化には通常、SSLという規格が用いられる。

(斎藤幾郎  ライター / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

ブラウザとウェブサーバーとの間でデータを送受信するためのプロトコルです。URLの最初に付く「http://」は、「通信にHTTPを使う」という意味です。普段はまったく意識する必要がありません。
⇨URL、ウェブサーバー、
ブラウザ、プロトコル

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

大辞林 第三版の解説

hypertext transfer protocol
インターネットなどで情報を送受信するために用いるプロトコル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

WWWブラウザーなどのウェブクライアント(データを受信する側)とウェブサーバー(データを送信する側)の間で、HTMLファイルなどのさまざまなデータをやりとりするために使用するプロトコル(通信規約)のこと。ハイパーテキスト転送プロトコル(HyperText Transfer Protocol)の略。WWWブラウザーなどでインターネット上の情報を閲覧する場合、クライアントは取得したいデータのある場所を「http://」ではじまるURLで指定してリクエスト(要求)を送信する。それに対し、該当するウェブサーバーは応答し、サーバーにあるデータをクライアントへ転送する約束になっている。また、クライアントとウェブサーバー間で送受信される情報の機密性や安全性を高めたい場合には、SSLを導入したHTTPS(HTTP over SSL)というプロトコルもあり、「https://」ではじまるURLをもつ。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

HTTPの関連情報