IMFコンディショナリティー(読み)アイエムエフコンディショナリティー(英語表記)IMF conditionalities

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

IMFコンディショナリティー
アイエムエフコンディショナリティー
IMF conditionalities

発展途上国が国際通貨基金 IMFに救済融資を仰ぐとき,IMFが当該国に対して課す融資条件のこと。当該国との協議のうえで策定され,経済安定化計画実施の義務づけがおもなもの。具体的には,総需要抑制策や財政赤字削減によるインフレ抑止,為替レート切下げによる国際収支の均衡など緊縮的性格が強い。しかしこのような措置は過度にデフレ的であって,国民の生活水準を維持させるには不適当であるとの批判も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android