コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IPv4 あいぴーぶいふぉー

3件 の用語解説(IPv4の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IPv4

インターネット上で、データ通信を行なうために用いられる、インターネットプロトコルと呼ばれる、通信を成立させるための共通の手順や規則をまとめた方式。ネットワーク上で複数のコンピューターデータ通信を行なう場合、データの種類や転送方法、そのタイミングなど、あらゆる前提条件が共有されている必要がある。その前提条件をルールとして規定するための方式。ネットワーク利用者の急激な増加により、現在主流のIPv4では供給できるIPアドレス(インターネット上の各コンピューターに割り当てられる識別番号)に限界があるため、ほとんど無限にIPアドレスを設定できる次世代プロトコルとしてIPv6が注目されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

アイピーブイフォー【IPv4】

インターネットで広く利用されるプロトコルのひとつ。インターネットに接続されたコンピューターや機器を識別するためのIPアドレスを、32ビットの値を4つに分けた10進数で表す。そのため識別可能な理論的な最大数は2の32乗(約43億)となり、インターネットの爆発的な普及に伴い、IPアドレスが枯渇してしまうということが懸念されている。この問題を回避するため、128ビットの値で識別するIPv6が開発された。◇「internet protocol version 4」の頭文字から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

IPv4
あいぴーぶいふぉー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IPv4の関連キーワードインターネット博覧会インターネットワーキングインターネット検索インターネット・マーケティング・リサーチインターネット証券インターネットTVサイバーバンクインターネットスラングインターネットアクオス高速インターネット基盤

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IPv4の関連情報