J. マルドリュス(英語表記)Joseph-Charles-Victor Mardrus

20世紀西洋人名事典の解説

J. マルドリュス
Joseph-Charles-Victor Mardrus


1868 - 1949
医師,東洋学者。
カイロ生まれ。
ブラーク版「千一夜物語」をもととして、各版・写本を編集して仏訳した「千夜一夜物語」(16巻、1898〜1904年)の仏訳者として有名。アラビアの民族的表現を尊重した逐語訳的完訳で、類書中文学的価値の最も大きい作品とされている。マラルメにこの書を捧げた事も知られている。他に「コーラン」(’25年)の翻訳なども手がける。妻ドラリュ・マルドリュスは詩人、小説家である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android