コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JIS漢字水準 ジス カンジスイジュン

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

JIS漢字水準

JIS(日本工業規格)で定められた漢字の規格で、JISX0208に含まれる。日常で使用頻度の高い漢字を集め、コンピューターで利用するためにコード化したもの。JIS第1水準は2965字で、常用漢字1945字とその他の人名用漢字が含まれており、通常の文書であればJIS第1水準の文字だけで記述できるとされている。JIS第2水準は3390字で、DTPで使用するフォントの多くは、JIS第1水準とJIS第2水準を網羅している。JIS第3水準およびJIS第4水準は、業種によって必要になる特殊な記号などを集めたもので、JISX0208を拡張する別の規格である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

JIS漢字水準の関連キーワード新JIS

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android