K.W.J. メッケル(英語表記)Klemens Wilhelm Jakob Meckel

20世紀西洋人名事典の解説


1842 - 1906
ドイツの軍人
元・日本陸軍大学校御雇教師,陸軍少将。
ケルン生まれ。
プロイセンの陸軍大学を出て、参謀将校となる。「未来の歩兵戦」、「師兵術」、「戦術学」等の著書を著した戦術家で、少佐の時日本陸軍の軍制改革の指導のため招かれ来日、1885〜88年陸軍大学校御雇教師としてドイツ式戦術を教え、長岡外史藤井茂太等多くの参謀将校を育成、また近代的軍備確立のためドイツ式に改革するよう尽力。1912年日本陸軍育成ので、陸軍大学校構内に胸像が建てられる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android