コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

KAMIOKANDE カミオカンデKAMIOKANDE

デジタル大辞泉の解説

カミオカンデ【KAMIOKANDE】[KAMIOKA Nucleon Decay Experiment]

KAMIOKA Nucleon Decay Experiment東京大学宇宙線研究所が神岡鉱山内に建設した素粒子観測装置。小柴昌俊が考案し、昭和58年(1983)完成、翌年より稼働。昭和62年(1987)に超新星爆発で放出されたニュートリノを世界で初めて検出した。
[補説]平成8年(1996)以降、観測はスーパーカミオカンデに引き継がれ、跡地には東北大学の反ニュートリノ観測施設カムランドが設置された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

KAMIOKANDE

〖Kamioka Nucleon Decay Experiment〗
高速荷電粒子が水中で発するチェレンコフ光を捕らえることなどを目的に、岐阜県神岡鉱山の地下に設置された巨大水槽状の観測装置。東京大学宇宙線研究所が建設し、1983 年(昭和 58)に完成。ニュートリノの研究、大統一理論の実験的検証などに利用された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

KAMIOKANDEの関連キーワードスーパーカミオカンデスーパーカミオカンデカミオカンデスーパーカミオカンデKAMIOKANDEカミオカンデ国際単位系デカネーションデカスロンマキアベリ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

KAMIOKANDEの関連情報