KNT-CTホールディングス(読み)ケイエヌティーシーティーホールディングス(英語表記)KNT-CT Holdings Co., Ltd.

  • KNT-CT Holdings Co.,Ltd.

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

正式社名「KNT-CTホールディングス株式会社」。英文社名「KNT-CT Holdings Co., Ltd.」。サービス業。昭和16年(1941)前身の「有限会社関急旅行社」創業。同22年(1947)「株式会社近畿交通社」設立。同30年(1955)「近畿日本ツーリスト株式会社」に改称。平成25年(2013)「クラブツーリズム株式会社」と経営統合、持株会社への移行にともない現在の社名に変更。本社は東京都千代田区東神田。近鉄子会社の持株会社。旅行会社を営む子会社の管理運営を行う。子会社に近畿日本ツーリスト・近畿日本ツーリスト個人旅行・クラブツーリズム等がある。東京証券取引所第1部上場。証券コード9726。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旅行代理店。近畿日本鉄道の前身会社,大阪電気軌道(大軌)と参宮急行(参急)の直営「大軌参急戎橋案内所」として創業。1941年有限会社関急旅行社となり,1944年近畿日本鉄道の設立と同時に近畿日本交通社と改称。1947年近畿交通社と改称し株式会社として設立。1954年近畿日本航空観光と改称,1955年日本ツーリストと合併して,社名を近畿日本ツーリストとした。国内旅行の「メイト」,海外旅行の「ホリデイ」など,国内外のパック旅行を中心に業務展開。2012年完全子会社の KNT団体,KNT個人を設立。2013年団体旅行事業を KNT団体に,個人旅行事業を KNT個人に承継し,近畿日本ツーリストを完全親会社,クラブツーリズムを完全子会社とする株式交換を実施。持株会社に移行し,現名称に商号変更した。同 2013年 KNT団体は近畿日本ツーリストに,KNT個人は近畿日本ツーリスト個人旅行に商号変更した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android