MDMA(読み)エムディーエムエー

  • methylenedioxymethamphetamine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

覚醒剤のメタンフェタミン芳香環にメチレンジオキシ基を導入した麻薬で,エクスタシーという通称で知られる。中枢神経系で精神機能の病態・生理のほとんどに影響を与える重要成分であるセロトニンへの作用が大きく,神経細胞毒作用によってセロトニン作動性ニューロンの退行性変化を引起す。最終的には神経破壊にいたり精神異常を示し,死亡する場合もある危険な麻薬である。最近,アメリカを中心に世界的広がりをみせており,国連条約で危険性の高い分類Iに入っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

化学薬品を合成した麻薬で、覚せい剤と似た興奮幻覚作用がある。「エクスタシー」と呼ばれることもある。錠剤型で、注射器などを使う覚せい剤より簡単に服用することができる。1錠4千円程度で売られており、オレンジなどのカラフルな色が特徴で、若者の間で急速に広まっていると言われる。

(2007-12-20 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

3, 4methylenedioxymethamphetamine
合成麻薬の一。白色結晶性の粉末で、錠剤やカプセルの形状で流通する。視覚や聴覚に幻覚作用を引き起こし、乱用を続けると錯乱状態に陥ったり、腎・肝障害や記憶障害などを引き起こす。俗称はエクスタシーなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

覚醒剤に似た化学構造を有する合成麻薬一種。「3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン(3,4-methylenedioxymethamphetamine)」の。「エクスタシー」「バツ」「タマ」などとも呼ばれる。多幸感や高揚感、親密感などを強める作用がある一方、睡眠障害、幻覚、幻聴精神錯乱、脳や神経の破壊、内臓の機能不全などを引き起こす恐れがある。主に錠剤やカプセル形状で出回っており、パーティーや性行為の際に使用されることが多いとされる。日本では1989年に麻薬及び向精神薬取締法で規制されたが、近年、服用者が増加傾向にあり、問題視されている。

(2019-11-19)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MDMAの関連情報