コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たま

世界大百科事典 第2版の解説

たま

邦楽の用語。主として長唄の三味線や囃子に用いられることば。原作にない旋律を即興的に演奏することや,その部分のことを指す。語源についてははっきりしていないが,江戸時代の末期には用いられていたという。一般には立三味線(たてじやみせん)(首席の三味線奏者)が1人で〈たま〉の部分を弾き,他の三味線奏者たちは〈地〉の旋律(原作の旋律)を奏するが,時として三味線奏者たちが1人ずつ交替で,〈たま〉を受け持つこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

たま

1989年、深夜のバンド勝ち抜き番組「いかすバンド天国」で5週勝ち抜き。90年にシングル「さよなら人類/らんちう」でメジャーデビュー、NHK紅白歌合戦にも出場。その後も着実にアルバムを発表し続ける。95年に1人が脱退後、3人編成で2003年まで活動。

(2016-11-22 朝日新聞 朝刊 三重全県・地域総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

たまの関連キーワードたまごかけごはんの日NHK紅白歌合戦埼玉県行田市埼玉鰻玉丼/鰻卵丼卵丼/玉子丼霊屋・魂屋櫛明玉神宇迦御魂潮満つ珠潮干る珠玉屋町幸御魂玉祖命玉野町金柑頭多摩川魂振り偶に弄丸王偏

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たまの関連情報