コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MLS エムエルエスMLS

5件 の用語解説(MLSの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エム‐エル‐エス【MLS】[microwave landing system]

microwave landing system》⇒マイクロ波着陸装置

エム‐エル‐エス【MLS】[Major League Soccer]

Major League Soccer》米国およびカナダのプロサッカーリーグ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

MLS

〖Major League Soccer〗
アメリカのプロ-サッカー-リーグのこと。1996 年に創立。メジャー-リーグ-サッカー。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

MLS
えむえるえす

マイクロ波着陸装置microwave landing systemの略称で、航空機の着陸援助装置の一種。現在、世界で広く使用されている着陸援助装置はILS計器着陸装置)であるが、この方式は使用電波(VHFおよびUHF)に起因する多くの制約がある。そのため、将来の航空機の需要に対処しうる新システムとして、マイクロ波を使用したMLSが開発され、1980年に国際民間航空機関ICAO(イカオ))の国際標準方式として採択された。
 MLSは、進入中の航空機に、滑走路末端からの方位と進入角と距離の情報を与える装置である。作動原理は、地上より鋭い指向性をもつビームを発信し、高速で左右と上下に走査し、機上で受信したビームの時間間隔を測ることにより、進入経路から何度ずれているかを知る。距離はDME(距離測定装置)によって測定する。MLSはマイクロ波を使用しているので地形などによる影響や電波干渉が少なく、精度が高くなること、ILSに比べて複数の進入コースの設定が可能であるため、航空交通管制(ATC)を効率的に行えるなどの利点があるが、着陸装置の主流となるには至っていない。[青木享起・仲村宸一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のMLSの言及

【計器着陸装置】より

…カテゴリーIIでは視程が0.25マイル以上,D.H.は100フィート以上であり,カテゴリーIIIはa,b,cと細分されるが,条件はカテゴリーII以下で視程0,D.H.0までとなっている。
[MLS]
 ILSでは滑走路延長線上には1本の進入経路しか形成できないなど,全天候運航計画が進み,自動着陸をする航空機が増えるに従って機能的に対応しきれなくなってくる。このためマイクロ波を用いた精密着陸誘導装置が開発され,1979年に,ICAOでその仕様国際基準が決定された。…

※「MLS」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

MLSの関連キーワードSTOL機LSTメーザーWMAPMLSLSTILSラジオ波熱凝固療法メーザー準マイクロ波

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

MLSの関連情報