着陸装置(読み)ちゃくりくそうち(英語表記)landing gear

  • 着陸装置 landing gear

翻訳|landing gear

世界大百科事典 第2版の解説

航空機が地上にあるときそのになる部分で,降着装置ともいう。離着陸の際に滑走しなければならない飛行機では車輪式が多いが,ヘリコプターグライダーではそりを利用したそり式着陸装置もよく見られ,また雪上ではスキーが用いられることもあり,水上機には舟形をした浮きのフロートfloatが使われる。エアクッション式の着陸装置も研究されている。 ライト兄弟の初の飛行機は木のレールを走る台車に乗って離陸滑走し,そりで着陸した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の着陸装置の言及

【飛行機】より

…民間輸送機では,乗客1人当り最小0.283m3/minの換気量が規定されている。与圧胴体
[胴体]
 胴体は飛行機の中枢をなす部分で,乗員室,客室,貨物室,各種の装備(電気系統,油圧系統,空気系統,電子装置など)を収容し,かつ主翼,尾翼,操縦装置,推進装置,着陸装置などの部分をまとめて,飛行機としての機能を発揮させる役目をする。その長さや直径は機の特性に応じて定められるが,最近輸送機の大型化に伴い,客室の幅を増すため,胴体直径をとくに大きくした機体が現れている。…

※「着陸装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着陸装置の関連情報