コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NAND回路 ナンドカイロ

デジタル大辞泉の解説

ナンド‐かいろ〔‐クワイロ〕【NAND回路】

NAND circuit;NANDはnotとandから》コンピューターで用いる論理回路の一。論理積否定する演算を行う回路で、AND回路NOT回路を接続したもので、すべての入力端子に信号が加えられたときにだけ、出力端子に出力信号が現れず、それ以外の場合、すなわち、少なくとも1個の入力端子に信号が加わらないときに、出力信号が現れる。否定論理積回路NAND演算回路NANDゲート

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

NAND回路【ナンドかいろ】

論理回路の一つ。AND回路(論理積回路)の出力を反転したもの。2個の入力がともに1のときに出力は0になる。少なくともどちらか一方の入力が0のときに出力は1になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

NAND回路の関連キーワード否定論理積否定回路NAND