コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大脳辺縁系 だいのうへんえんけいlimbic system cerebrum

5件 の用語解説(大脳辺縁系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大脳辺縁系
だいのうへんえんけい
limbic system cerebrum

大脳半球の内側および底面にあたる皮質辺縁系 (梨状葉,海馬回,帯状回,後眼窩回,側頭極) とその基底核 (扁桃核,中隔核など) ,さらに機能のうえで一体となって働く視床下部も含めて大脳辺縁系という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいのう‐へんえんけい〔ダイナウ‐〕【大脳辺縁系】

大脳半球の内側面にある古皮質旧皮質の総称。脳梁(のうりょう)海馬(かいば)などが属し、本能や情動の中枢で、新皮質の縁にある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大脳辺縁系【だいのうへんえんけい】

大脳で新皮質(大脳皮質)の発達とともに,旧皮質,古皮質との間に移行部分が発達する。この移行部と古皮質,旧皮質とを合わせて大脳辺縁系と総称する。広義の嗅脳と同義。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいのうへんえんけい【大脳辺縁系 limbic system】

本来,嗅覚(きゆうかく)との関連において発達をとげた脳の系統発生的に古い皮質部分で,おおよそ広義の嗅脳に相当する。辺縁系という用語は主として比較解剖学的研究を基にして名づけられた辺縁葉limbic lobeに由来するが,この辺縁葉という言葉は,1878年P.ブローカが,室間孔の周囲を環状にとりまいている脳の中心部分に対してle grand lobe limbiqueという名称を与えたのに始まるとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいのうへんえんけい【大脳辺縁系】

大脳皮質のうち、旧皮質・古皮質からなる部分。本能的行動・情動・自律機能・嗅覚をつかさどる。 → 旧皮質古皮質

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大脳辺縁系の関連情報