NHK党(読み)エヌエッチケートウ

デジタル大辞泉「NHK党」の解説

エヌエッチケー‐とう〔‐タウ〕【NHK党】

NHK受信料制度の問題点を訴えるワンイシュー政党「NHK受信料を支払わない方法を教える」の略称。平成25年(2013)に政治団体として設立し直後に「NHKから国民を守る党」に改称した。各地方議会に進出した後、令和元年(2019)7月の参院選比例区1議席を獲得。選挙区当選者は無かったが、擁立37選挙区の合計得票率が3パーセントを超え、政党要件を満たした。その後党名変更が続き、令和3年(2021)に現党名となった。NHK放送のスクランブル化を目指す。
[補説]今後も党名を頻繁に変える方針だが、略称は「NHK党」を使い続けるとしている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる