コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

P-X哨戒機 PXしょうかいき/ぴーえっくすしょうかいきP-X(maritime)patrol aircraft for JMSDF

知恵蔵の解説

P-X哨戒機

海上自衛隊が1982年から97年にかけて101機(電子情報収集などの多用途型を加えると115機)が調達された米国製(川崎重工がライセンス生産)P-3Cオライオン哨戒機の後継として防衛省技術研究本部が開発中の次期哨戒機の開発・試作名称。P-3Cよりも一回り大きく、全幅35.4m、全長38.0m、総重量79.7t、エンジンはP-3Cのターボプロップ4基に代わって国産のXF7-10ターボファン4基とされている。P-3Cの後継機選定に当たっては、P-3の近代化改造・発達型、米国が開発中のP-8Aポセイドン哨戒機の導入なども検討されたが、機体、エンジン共に国産とされることになった。同時に開発されている航空自衛隊のC-1輸送機の後継機C-Xと一部を共通とする方式で開発費を節約しているとされる。2007年5月に静強度試験中に水平尾翼の荷重試験で付け根部分に変形が生じたが、この部分はC-Xと共通の設計になっている。また同年7月には与圧荷重試験で胴体床の継ぎ目にひび割れが生じ、リベットの破損、床板の変形などが生じたが、C-Xの試作機と共に同年7月にロールアウトを行い、9月に初飛行した。08年度予算では最初の生産型4機の調達経費が要求された。開発が順調に進めば80機程度が調達される予定。

(江畑謙介 拓殖大学海外事情研究所客員教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

P-X哨戒機の関連キーワード[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門アダムズ(Richard Adams)石井和紘北村太郎鈴木志郎康蓮實重彦ペトルチアーニスペースシャトル飛行記録メリル ストリープ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android