コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水平尾翼 スイヘイビヨク

百科事典マイペディアの解説

水平尾翼【すいへいびよく】

飛行機の縦の安定と操縦のために尾部に取り付けられる小翼。固定された部分(水平安定板)とヒンジ(蝶番)によって可動の操縦面(昇降舵(だ))からなり,昇降舵を上げると水平尾翼に負の揚力が働いて尾部が下がり,主翼の迎え角が増加して揚力が増すので,機体は上昇する。また水平飛行中に機の前後姿勢が変化したとき,水平尾翼は姿勢をもとに復させるモーメントを発生させて,機の安定を保つように働く。水平尾翼を前方に取り付ける方式もあり,これを先尾翼,カナードなどという。→垂直尾翼
→関連項目飛行機尾翼無尾翼機

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

すいへいびよく【水平尾翼】

飛行機の尾部に水平につけられた翼。水平安定板と昇降舵からなり、縦方向の安定を保つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の水平尾翼の言及

【飛行機】より

…昇降舵は水平安定板の後縁にヒンジ(蝶番)で取り付けられ,操縦席で操縦桿(かん)を手前に引くと後縁が上がり,押すと下がるようになっている。昇降舵後縁を上に上げると,水平尾翼に下向きの力を生ずるので,機は重心のまわりに機首を上げ,その結果,翼の迎え角が増す(図5-b)。これを上げ舵という。…

【翼】より

…単に翼といえばこの主翼を指す。尾翼tail unitは機の尾部にあって,機のつりあいと安定を保つのがおもな目的で,機の縦(前後傾斜)のつりあいと安定を保つ水平尾翼horizontal tailと,機の方向の安定を保つ垂直尾翼vertical tailをもつのが一般であるが,両者を兼ねたV尾翼をもつ航空機もある(図6-a)。 翼は機の重心より後ろに取りつけると風見と同様に働き,機がゆれて重心を中心に回転したとき,それをもとにもどそうとする安定作用をする。…

※「水平尾翼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android