コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PHP ピー エイチ ピー

4件 の用語解説(PHPの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

PHP

ラスマス・ラードフ氏によって開発されたスクリプト言語スクリプトHTMLファイルに記述しておき、ユーザーからWebブラウザーによって処理を要求されたときに、サーバー側でスクリプトを実行し、その結果を返すという仕組み。MySQLOracleといったさまざまなデータベースに対応しており、データベースを扱うWebアプリケーションの開発が容易であるという特徴がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ピー‐エッチ‐ピー(PHP)

《Hypertext Preprocessorから》動的にウェブページを生成するためのスクリプト言語、またはウェブサーバーの拡張機能の一。オープンソースとして無償公開されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国為替用語集の解説

PHP

フィリピン・ペソ。フィリピン共和国の通貨。1898年からアメリカの植民地となり、太平洋戦争中は日本に支配されるが、1946年独立。アメリカ植民地時代の恩恵で、独立後当分の間は所得水準が比較的高い国であったが、その後フィリピン経済はあまり伸びていない。外国企業の投資や輸入に対してかなり規制が厳しかったが、1990年頃から(アキノ大統領時代末期から)自由化措置がとられ始め、現在ではかなり開放度は高くなっている。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集の解説

PHP

HTMLに埋め込む形で記述するスクリプティング言語。正式名称の「PHP: Hypertext Preprocessor」にもあるように、動的に生成されるページの作成に向いている。また、プログラムの表記法はC言語、JavaPerlの各言語から転用したものがベースとなっているが、PHP独自のものもある。

出典|(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

PHPの関連キーワードフィリピン比国比律賓フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲ドール・フィリピン産パパイヤの日フィリピン毛頭虫感染フィリピン・ペソフィリピン共和国憲法

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

PHPの関連情報