コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表記法 ヒョウキホウ

3件 の用語解説(表記法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょうき‐ほう〔ヘウキハフ〕【表記法】

文字およびその補助記号を用いて、言葉を書き表す方法。縦書き・横書き分かち書き仮名遣い送り仮名・句読法・おどり字使い方など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

表記法
ひょうきほう

言語を文字や符号で書き表すうえでの規則をいう。日本語では、(1)文章の表記に関するもの 使用文字(漢字専用、漢字平仮名交じり、漢字片仮名交じり、平仮名専用、片仮名専用、ローマ字専用)、文字の配列順(縦書き、横書き、右書き、左書き)、段落・図表・図版などの示し方、(2)文の表記に関するもの くぎり符号(句点、読点、疑問符、感嘆符、カンマピリオド)、くくり符号(括弧(かっこ)、かぎ)、分かち書き、(3)語の表記に関するもの 漢字・仮名の使い分け、仮名遣い、送り仮名、振り仮名、外国語・外来語の表記、(4)音の表記に関するもの 特殊外来音の表記、(5)字の表記に関するもの 字体(明朝体、ゴシック体など)、書体(楷書(かいしょ)、行書、草書)、筆順、などが問題になる。
 歴史的には、宣命(せんみょう)書き、散らし書きなどの特殊なものもあった。上代では漢字の訓を用いるといった、かならずしも音韻と対応する表記ではなかったが、平安中期以降、万葉仮名から仮名が成立し、表音的に表記できるようになった。符号も、濁音符が室町時代以後右上に複点で固定し、長音符や句読点も江戸時代以降しだいに定着するなど、徐々に整えられてきた。言語の変化に伴って仮名遣いや音便(おんびん)などの特殊音の表記などが問題となるが、とくに近代以後の文字生活の発展とともに、「常用漢字」「現代仮名づかい」「送り仮名の付け方」「ローマ字のつづり方」などが、現代語の表記法上重要な問題となっている。[沖森卓也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

表記法の関連情報