コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PNJ法(波浪予報) PNJ method

海の事典の解説

PNJ法(波浪予報)

Pierson、Neumann、James が導いた波浪の予報法で、その頭文字をとってPNJ法と呼ばれる。吹送距離・連吹時間が十分大きい場合の、与えられた風速に対して十分発達した波のスペク トルを基にし、波は高周波側から発達するとして、吹送距離あるいは連吹時間で決められる臨界周波数より低周波部分のスペクトル成分をゼロとしたスペクトル を持つ波が実現するもの。波のエネルギーの波向に対する分布も考慮されている。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

PNJ法(波浪予報)の関連キーワード完全発達波クレプシュシュコツィアン鍾乳洞キックジム ロビンソンゲーム理論ZND理論ノイマン型コンピュータークリスタリノクラスティック外来性石炭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android