コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲーム理論 げーむりろん

8件 の用語解説(ゲーム理論の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

ゲーム理論

ゲームを行う場合、相手の手の打ち方を読んで、できるだけ自分の得点を高くし、失点を少なくするにはどうするか、という方策を求める数学理論。代表的なものに「囚人のジレンマ」 経済学から社会学、経営学、そして進化論へと、幅広い分野に影響を及ぼした。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

ゲーム理論

ポーカーが得意でなかったという数学者フォン・ノイマンが1944年に経済学者モルゲンシュテルンの協力を得て完成させた『ゲームの理論と経済行動』によって切り開かれた、新しい経済学の分野。複数の合理的意思決定主体の利得がそれぞれの戦略の相互依存関係によって定まるという、ゲーム的状況を分析する数理的手法。互いに望ましい協力行為がありながら、会話と拘束力の欠如のために互いに望ましくない裏切り行為をとるという囚人のジレンマは特に有名である。従来、経済学は戦略的相互依存関係の希薄な完全競争や独占のみを分析していたが、ゲーム理論の登場によって、現代の寡占経済の本格的な分析が可能になった。これらの分野は、伝統理論と区別するために、新産業組織論や新国際貿易論と呼ばれている。ゲーム理論の研究では、映画『ビューティフル・マインド』のモデルにもなったジョンナッシュなど、1994年、2005年の2度、ノーベル経済学賞の受賞者が出ている。

(依田高典 京都大学大学院経済学研究科教授 / 2007年)

ゲーム理論

利害が必ずしも一致しない状況において、複数の人間の行動の最適戦略を分析する数学の理論。国家間や企業間の合理的意思決定にも適用される。数学者フォン・ノイマン(J.von Neumann)と経済学者モルゲンシュテルン(O.Morgenstern)の共著『ゲームの理論と経済行動』(1944年)がその出発点。2人のプレーヤー勝ち負けを争う「ゼロ和2人ゲーム」の理論が典型例。OR(オペレーションズリサーチ)、経済学、経営学、心理学、社会学、生物学、政治学においても活用されている。オーマン(R.J.Aumann)、シェリング(T.C.Schelling)は、ゲームの理論を「対立」と「協調」の関係を理解することに応用し、2005年ノーベル経済学賞を受賞した。この理論では、映画「ビューティフル・マインド」の主人公で有名なナッシュ(J.F.Nash)も94年に同賞を受賞している。

(桂利行 東京大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゲーム‐りろん【ゲーム理論】

ゲームの理論

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゲーム理論【ゲームりろん】

複数の主体が相互依存関係のもとで,いかなる行動をとるべきかを考察する理論。数学者J.L.フォン・ノイマンと経済学者モルゲンシュテルンの研究に始まり,ナッシュ,ゼルテン,ハーサニーによって均衡概念が提唱,精緻化される。
→関連項目オペレーションズリサーチ寡占行動科学産業組織論フォン・ノイマンミニマックス原理

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

マーケティング用語集の解説

ゲーム理論

核兵器開発者のひとり物理学者のフォン・ノイマンが趣味のチェスをしている最中に発想したと言われる数学理論。1944年に出版された共著「ゲームの理論と経済行動」で多くの学術分野に衝撃を与え、「囚人のジレンマ」に代表される多くの定理やノーベル賞受賞者を生み出している。

出典|マーケティングキャンパス
Copyright © Symphony Marketing Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゲームりろん【ゲーム理論 game theory】

ゲームの理論theory of gamesとも呼ばれる。数学者J.フォン・ノイマンと経済学者モルゲンシュテルンO.Morgensternとの共著《ゲームの理論と経済行動》(1944)を出発点として発展した理論で,20世紀前半における最も輝かしい科学的業績の一つである。室内ゲームから,政治,経済,社会に至るさまざまな問題をゲームとして定式化して考察するが,ここでいうゲームとは,これらの問題を規定する1組のルールのことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲーム理論
げーむりろん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のゲーム理論の言及

【アクティビティ・アナリシス】より

…学問領域としては,50年代までにすでに理論的基礎が完成し,近年では独自の領域として言及されることはまれだが,これはこの領域が死んだためではなく,生産分析における当然の前提として基礎理論の不可欠の一部に組み込まれ,いわば正統理論化された現実の反映にほかならない。さらに,アクティビティ・アナリシスによってはじめて生産の経済分析を線形計画法ゲーム理論と本質的に関連づけることができるようになり,また投入産出分析(産業連関表)の理論的基礎が用意された事実も見逃せない。 アクティビティ・アナリシスの鍵概念は工程(アクティビティ)である。…

【意思決定】より

…また,リスクをなるべく避けようとする人々がいる一方,より大きな成果を求めてむしろリスクを受け入れてもよいと考える人々がいるなど,意思決定に関わる判断の個人差が大きいことも知られており,高齢者が一般に選択を回避しようとする傾向も指摘されている。
[意思決定の研究]
 意思決定についての体系的な研究は,ゲーム理論から発達した統計的意思決定論と,行動的意思決定論という,相互に関連しつつやや発展の方向が違う二つの領域で行われてきた。前者が合理的な意思決定のあるべき姿を指定するものだとすると,後者は意思決定に関わる人間の認知や行動の現実を記述するもので,主に心理学や組織研究の分野に属する。…

【期待効用理論】より

…すなわち,フォン・ノイマンとモルゲンシュテルンらの示したことは,結果に関する確率分布の順序づけが強い独立性公理を含む一組の公理体系に従うならば,事象の生起に関する主観的確率分布と結果を評価する基数的効用関数が存在して,その順序に確率と効用の積の総和として表される期待効用の水準を対応させることができるということであった。その後,期待効用理論は,ゲーム理論と密接に結びついて発展し,経済理論においてもフリードマンとサベッジは,基数的効用に関する限界効用逓減(逓増)性が危険回避(愛好)を意味することを明らかにし,アローとプラットは基数的効用関数の性質に基づく危険回避度の定義に成功するなど,マーコビッツ以降の資産選択理論をはじめとして,不確実性下の選択および経済制度の一般均衡的分析において中心的な役割を果たすに至っている。【林 敏彦】。…

【協調分散システム】より

…このモデルを用いて,発話の意図を分析し,人間との対話を行うシステムが開発されている。またゲーム理論を用いた交渉プロトコルが研究されている。ゲーム理論を応用すると,たとえ目標が一致しなくても,共同プランが作成可能となる。…

※「ゲーム理論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゲーム理論の関連キーワードスニーカータルタリアポーカー御得意不得意ポーカーフェースキーカーカースピーカーホンホーカス・ポーカスポーリッシュ・ハウンド

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゲーム理論の関連情報