R. カレ・ド・マルベール(英語表記)Raymond Carré de Malberg

20世紀西洋人名事典の解説


1861 - 1935
フランスの公法学者。
フランスに於ける代表的法実証主義者。国家法が直面する問題に、種々の理想哲学の見せかけの部分を排除し立ち向かった。ストラスブール大学教授を長く務める。著書に「一般国家学網要」(第1巻1920年、第2巻’22年)や彼の作品の中で特に重要な「一般意思の表明としての法律」(’31年)があり、この中で立法権が優位にたってフランスの実定法構造を支配していることに注目し、系統的に徹底的に分析した。彼の第3共和政の実定法構造への批判と、改革に対する考え方は現行第5共和制憲法に多大な影響を及ぼした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android