一般意思(読み)いっぱんいし(英語表記)volonté générale[フランス]

改訂新版 世界大百科事典 「一般意思」の意味・わかりやすい解説

一般意思 (いっぱんいし)
volonté générale[フランス]

一般意思という語は,まずディドロによって,《百科全書》の〈自然法〉の項目において用いられている。彼は一般意思を各個人の特殊意思とは区別して,全人類の一般的かつ共通利益に基づくものとし,これによって自然法を根拠づけた。これに対してルソーは,《政治経済論》においてこれを単一の存在たる政治体の意思とし,さらに《社会契約論》において国家理論の中心概念として位置づけたのである。ルソーによれば,国家は各個人が自己を共同体全体に対して全面的に譲渡するという全員一致の契約によって設立される。この社会契約によって国家は一個の意思をもった単一の人格として成立するが,この公的な意思こそが一般意思にほかならない。一般意思は,この共同体=国家の公的な利益を基礎とする意思であり,構成員各員の特殊意思の総和である全体意思とはまったく異なる次元にあるとされる。この一般意思の表現こそ法である。かくて法に従うことは一般意思の命令,すなわち,みずからがその一部をなす人民主権者の意思に従うことにほかならない。ルソーのこの規定によって,法はその制定における意思の一般性と適用における対象の一般性とを獲得するのである。ところで各人の特殊意思は私的利益を追求するために,常に一般意思の命令たる法に違反することになる。このとき法的強制は各人の意思を公的な意思へと方向づけるものとして,〈自由への強制〉とみなされるのである。一般意思は,しかし,特殊意思とは異なる公的人格の意思であるから,それをいかに発見し,法として表現するかという問題が残る。この点についてルソーは,立法者という特権的存在の必要を指摘したにとどまるため,以後のルソー解釈の争点の一つをなしている。ルソー以後,一般意思の概念はしばしば既成政治権力の神化に利用されたが,それがルソーの原理的な理論構成といかに無縁であるかは彼の著作自体に明らかであろう。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「一般意思」の意味・わかりやすい解説

一般意思【いっぱんいし】

J.J.ルソー用語。この語はまずディドロの《百科全書》において,個人の特殊意思と区別され全人類の一般利益を代表して自然法を基礎づけるものとされたが,ルソーの《社会契約論》において,各個人が自己を全面譲渡する〈契約〉によって成立する単一の人格としての国家の公的な意思とされ,個人の特殊意思の総和としての全体意思とは次元を異にしたこの一般意思の表現が法であるとされた。この概念がルソーの原理的な理論構成から離れて,既成の政治権力の神化に利用されたこともしばしばある。
→関連項目国民代表

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典(旧版)内の一般意思の言及

【国民代表】より

…国政の基準となる一般意思(総意)を決定する機関(国民代表府),またはその成員を意味することが多い。市民革命以降においては,一般に選挙による議会がその任務を担当しているので,国民代表という表現は,一般には議会または議員(政治家)を指すことになる。…

※「一般意思」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android