R.デ ラ・タイエード(英語表記)Raymond de La Tailbéde

20世紀西洋人名事典の解説

R.デ ラ・タイエード
Raymond de La Tailbéde


1867 - 1938
詩人。
1888年パリに出て、詩集「エリオガバルの勝利」を発表、センセーションを起こす。またエコール・ロマーヌ派の創立者で、ギリシャ神話に基づいた古典的な詩魂を表現した「泉の変貌」(1895年)を発表、1928年にはシャルル・モーラスに対抗してロマン主義的な詩の擁護に努める。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android