RNAウイルス(読み)アールエヌエーウイルス(英語表記)RNA virus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

RNAウイルス
アールエヌエーウイルス
RNA virus

遺伝子 (核酸) としてデオキシリボ核酸 DNA ではなくリボ核酸 RNAを含むウイルス。通常の生物はすべて,遺伝子として必ず DNAをもつ。ウイルスも自己複製を宿主細胞に行わせる遺伝子成分として,DNAをもつものが多いが,RNAウイルスは RNAのみをもつ。その場合の遺伝暗号の翻訳機構には,RNAを基準として DNAを合成する逆転写酵素 (または RNA依存性 DNAポリメラーゼ) が働いて,細胞内で DNA暗号に戻ったのち,通常と同様に解読され,蛋白質合成の指令に用いられる。植物ウイルスは大部分が RNAウイルス。動物ウイルスでも,エイズ,ヒトT細胞白血病,小児麻痺 (ポリオ) ,インフルエンザなどの病原ウイルスが,RNAウイルスである。細菌に感染するウイルスであるバクテリオファージにも,Qβ,f2 ,MS2,R17などの RNAウイルスが知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報