コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RNAウイルス アールエヌエーウイルスRNA virus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

RNAウイルス
アールエヌエーウイルス
RNA virus

遺伝子 (核酸) としてデオキシリボ核酸 DNA ではなくリボ核酸 RNAを含むウイルス。通常の生物はすべて,遺伝子として必ず DNAをもつ。ウイルスも自己複製を宿主細胞に行わせる遺伝子成分として,DNAをもつものが多いが,RNAウイルスは RNAのみをもつ。その場合の遺伝暗号の翻訳機構には,RNAを基準として DNAを合成する逆転写酵素 (または RNA依存性 DNAポリメラーゼ) が働いて,細胞内で DNA暗号に戻ったのち,通常と同様に解読され,蛋白質合成の指令に用いられる。植物ウイルスは大部分が RNAウイルス。動物ウイルスでも,エイズ,ヒトT細胞白血病,小児麻痺 (ポリオ) ,インフルエンザなどの病原ウイルスが,RNAウイルスである。細菌に感染するウイルスであるバクテリオファージにも,Qβ,f2 ,MS2,R17などの RNAウイルスが知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

RNAウイルスの関連キーワードビショップ(John Michael Bishop)RNA依存性DNAポリメラーゼクリミア・コンゴ出血熱タバコモザイクウイルスインフルエンザウイルスコクサッキーウイルス伝染性肝炎ウイルスRNAレプリカーゼセントラル・ドグマウイルス(医学)E型肝炎ウイルスインターフェロンミクソウイルス群D型肝炎ウイルスA型肝炎ウイルス鳥インフルエンザC型肝炎ウイルスマールブルク病ポリオウイルスエコーウイルス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android