S.I. ベイリー(英語表記)Solon Irving Bailey

20世紀西洋人名事典の解説

S.I. ベイリー
Solon Irving Bailey


1854 - 1931
米国の天文学者。
元・ハーヴァード天文台台長代行。
1884年ボストン大学、1888年ハーヴァード大学から修士号を取得。1919〜21年ハーヴァード天文台台長代行を務めるなど44年間にわたってハーヴァード天文台と関わる。又同天文台ボイデン観測所をペルーに設置し、展望鏡を用いて南半球における観測をすすめた。’02〜16年球状星団中の変光星を研究し、シャプレーの距離測定の基礎を築いた。又十数時間という長時間露光の写真撮影を開発し、3000に及ぶ銀河外天体の発見をした。著書「ハーヴァード天文台の歴史と成果」(’31年)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android