コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SFTSウイルス えすえふてぃーえすういるす SFTS Virus

1件 の用語解説(SFTSウイルスの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

SFTSウイルス

重症熱性血小板減少症候群(severe fever with thrombocytopenia syndromeSFTS)を引き起こすウイルスマダニ科のダニが媒介するウイルスで、マダニに噛まれることで感染する。発症すると白血球数・血小板数が減少し、発熱、嘔吐、下痢などの症状を引き起こす。2011年、中国で感染性疾患として初めて報告された。13年1月に国内初の患者が確認され、遡って調査した結果、05年から14年2月26日までに、西日本に限って計53人の罹患が確認され、内21人が死亡している。14年2月、国立感染症研究所は、SFTSウイルスを持ったマダニが西日本だけでなく、全国的に確認されたことを発表した。

(2014-2-27)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

SFTSウイルスの関連キーワード血小板減少症特発性血小板減少性紫斑病SFTS血栓性血小板減少性紫斑病抗燐脂質抗体症候群血小板活性化因子血小板凝集血小板障害血小板減少性紫斑病症候性(続発性)血小板減少性紫斑病

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

SFTSウイルスの関連情報