コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダニ マダニ Ixodidae; hard ticks

5件 の用語解説(マダニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マダニ
マダニ
Ixodidae; hard ticks

クモ綱ダニ目マダニ科。雌の背板長は 1.2mm内外,雄では背板が胴全体をおおう。幼虫と若虫はネズミモグラなどの小型哺乳類に,成虫はウシ,ウマなどの大型哺乳類に寄生する。一般に卵,幼虫,若虫,成虫の4期から成るが,卵以外の各期ではすべて吸血する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マダニ

フタトゲチマダニやヒゲナガマダニなど国内で50種類近くが確認されている。体長3~8ミリ。全国の森林や草地に生息し、長い口器を突き刺して動物や人の血を吸う。SFTSのほか、日本紅斑熱ライム病などもマダニの媒介によって人に感染する。マダニに刺された時、無理に取り除こうとすると口器の一部が皮膚に残って化膿(かのう)したり、体液が逆流したりする恐れがあるため、無理に取り除かず皮膚科などの医療機関に行くのがよいという。

(2014-05-31 朝日新聞 朝刊 山梨全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マダニ

蛛形(ちゅけい)綱マダニ科の総称。大型種が多く,すべて寄生吸血性。山林,草原に発生して人や家畜を吸血し,ロッキー山熱,Q熱,野兎病など伝染病を媒介するものも多い。
→関連項目ダニ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マダニ【tick】

マダニ亜目Ixodidesに属する大型のダニの総称。3科に大別されるが,マダニ科Ixodidaeとヒメダニ科に多くの種類を含む。前者をhard tick,後者をsoft tickと呼んでいる。すべて寄生吸血性で,親ダニは体が背腹に扁平,体長数mmから1cmにもなり,吸血するとさらに膨大する。発育期は卵,幼ダニ,若ダニ,親ダニの4期からなる。吸血習性も,1世代のうち寄生する宿主を変えたり,あるいは同一宿主に寄生する種類など複雑である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マダニ
まだに / 真
tick

節足動物門クモ形綱ダニ目マダニ亜目に含まれる大形吸血性ダニの総称。マダニ亜目は、マダニ科Ixodidaeとヒメダニ科Argasidaeおよびアフリカ産の特殊な1科で構成されるが、日本ではヒメダニ科のダニをみることが少ないので、マダニ科のみをさすことが多い(この場合の英名はhard tick)。マダニ科のものは気門が第4脚後方にあり、それより後ろの後側縁は、12本の浅い切れ込みによって花彩とよばれる縁どりを形成するが、属によってはこれを欠く。体長2~7ミリメートル。褐色を基調としたものが多く、体前端に口器と触肢をもつ。鋸(のこぎり)状の口下片が口器中央に突出し、長期間にわたる吸血を確保する構造となっている。脚(あし)は4対で体腹面の前半にある。卵、幼虫(脚は3対)、若虫、成虫(脚はともに4対)の発育期があり、卵以外の各期に一度ずつ宿主に取りついて吸血し、満腹すると地上に落ちて脱皮する。ウシマダニ属では幼虫から成虫まで宿主体上にとまって脱皮する。雌成虫は一度咬着(こうちゃく)すると1週間以上、あるものは1か月以上も吸血を続け、満腹するまでは容易にとれず、無理に引き抜くとちぎれて口器の一部が皮膚に残る。雌は満腹すると著しく膨大し、コーヒー豆大になるが、雄は背面を硬い背甲板で覆われるため、大きくならない。満腹した雌成虫は数百ないし数千個の卵塊を地上に産んで死ぬ。日本の種類はほとんどマダニ属Ixodesとチマダニ属Haemaphysalisに属するが、キララマダニ属Amblyomma、ウシマダニ属Boophilus、カクマダニ属Dermacentor、コイタマダニ属Rhipicephalusの4属に属する若干種を加えると、約40種が生息している。吸血によって貧血や皮膚炎をおこすのみか、アメリカではロッキー山紅斑(こうはん)熱、極東、旧ソ連諸国および各地でウイルス性脳炎や、家畜のピロプラズマ症など各種の病原体を媒介する。日本では東北地方のキチマダニとヤマトマダニが野兎(やと)病菌に汚染されていることがあり、注意を要する。日本種でヒトを刺すものには、ヤマトマダニ、シュルツェマダニ、タネガタマダニ、タカサゴキララマダニなど11種が知られている。[山口 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマダニの言及

【ダニ(蜱∥蟎∥壁蝨)】より

…蛛形(ちゆけい)綱ダニ目Acari(=Acarina,Acarida)に属する節足動物の総称。英名はマダニ亜目(マダニ科とヒメダニ科)のものをtick,他のダニはすべてmiteという。
[形態]
 体長0.2mm~2cm,多くは0.5~1mmと小さい。…

【ダニ(蜱∥蟎∥壁蝨)】より

…蛛形(ちゆけい)綱ダニ目Acari(=Acarina,Acarida)に属する節足動物の総称。英名はマダニ亜目(マダニ科とヒメダニ科)のものをtick,他のダニはすべてmiteという。
[形態]
 体長0.2mm~2cm,多くは0.5~1mmと小さい。…

※「マダニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マダニの関連キーワード亜目ハトマダコ未だに簓蜱タカサゴキララマダニササラダニ(簓蜱)ダニ(蜱∥蟎∥壁蝨)チリダニヤドリダニ(寄生蜱)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マダニの関連情報