コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

STS エスティーエスScience,Technology and Society

5件 の用語解説(STSの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

STS
エスティーエス
Science,Technology and Society

科学・技術・社会の頭文字をとった言葉で,1970年代に欧米で始った科学,理科教育の改革運動。教育機関における科学教育を,科学の領域にたずさわる人材育成を目的とするのでなく,科学を社会との関係の中で批判的にも扱うことを目的とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エス‐ティー‐エス【STS】[serologic tests for syphilis]

serologic tests for syphilis》梅毒血清反応。梅毒の診断のための検査法。

エス‐ティー‐エス【STS】[space transportation system]

space transportation system》宇宙輸送システム。打ち上げ、帰還後に再整備して再び飛行できる、再使用型の宇宙往還機。スペースシャトルがこれにあたる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

STS

〖serologic(serological)test for syphilis〗
梅毒血清反応。ワッセルマン反応はその診断法の一つ。

STS

〖special transport service〗
スペシャル-トランスポート-サービス。バスや電車など既存の交通手段では外出が困難な高齢者や障害者など移動制約者のために便宜を図る交通サービスの総称。低床バスやリフト付き車両などによるドア-ツー-ドアの移動サービスなど。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

STSの関連情報